読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無表情で書くブログ

週末のみ更新する意識低い系ブログ。iPhoneとか読書とか音楽とか趣味の話を。

『統計学が最強の学問である』を読んだ

読書・レビュー

2013年に発売した本ですが、
西内啓『統計学が最強の学問である』を最近になって再読したのでメモをしておきます。

統計学が最強の学問である

統計学が最強の学問である

とても刺激的で、わかりやすくて、勉強になる良著でした。

ビジネスにおいて「データに基いて考える」というのはとても大切で、
そのためには統計リテラシーが必要なのかなと。

おそらくビジネスの世界には絶対的な真理というものはなくて、演繹法的な考え方だけではすべてを説明できない。
だからこそ統計学を使って帰納法的に説明することが重要なんだと思う。

ビッグデータというものについて

数年前から注目されている「ビッグデータ」については以下のように書かれている。

データをビッグなまま解析することが、どれだけの価値を生むのかどうか、果たして投資するコストに見合うだけのベネフィットが得られるのかどうか、わかっているのでろうか。(P37)

適切なサンプリングさえすれば、必要な情報を得るためのコストが激減する(中略)にもかかわらず、ビッグデータに関心のあるビジネスマンは、しばしばビッグデータをビッグなままで扱うことにしか目が行かないのだ。
(P47)

「まず正しい判断に必要な最小十分のデータを扱うこと」
(P54)

ビッグデータ」に関する技術は確かに素晴らしい技術革新の賜物で、それで得られるものは大きい。
でも実際、それほどすべての人にとってビッグデータ分析というのは必要にはならないのではないか。


一定のサンプル数を超えると、それ以上集めても標準誤差はあまり変わらなくなる。つまりスモールデータ(サンプル)を統計的に分析するだけで、ビッグデータ(全数)を分析するのと大きく変わらない結果が得られることは十分あるという。
大金を投じてまで、その小さな誤差を埋める必要があなたに(あなたの会社に)あるのか?ということ。


あくまで統計学に興味を持つ入り口としての入門書という感じで、実際にデータを扱って統計を取るにはより専門的な本で学ぶ必要があるのかも知れないが、読み物としては十分、というかとても面白い。

Apple Music、iOS8.4、iTunes12.2で困ってることまとめ(追記)

Apple Music iPhone iTunes

f:id:ogata08:20150707232536j:plain
iOS 8.4 および iTunes 12.2にアップデートし、Apple Musicを使い始めて数日。サービスとしては凄いけど、UIは使いにくいところが多くて正直、改悪ではという感じ。
ということで、いまだに困っていて未解決の問題、不便なこと、改善要求みたいなものを羅列した。

解決方法があるならば知りたいし、ないならば次回のアップデートで改善されることを期待する。
解決したものも下に書いておくので、同じく困ってる人は参考にしてほしい。


困っていること(未解決)

iCloudミュージックライブラリ経由で同期する場合、iPhoneに入れたくないプレイリストを選択できない。(すべて同期されてしまう)オフライン再生の可否は選べるけど、非表示にはできない。
 ※iCloudミュージックライブラリを使わなければ、以前と同様に選択的に同期できる方法はわかったんですけどね。

iCloudミュージックライブラリをオンにしていると、iPhone上の曲のアルバムアートワークが勝手に置き換わってしまうことがある。

iCloudミュージックライブラリをオンにしていると、iPhone上の曲のアルファベットのアーティスト名が勝手にカタカナに置き換わってしまうことがある。

iPhoneの「マイミュージック」の上部に表示される「最近追加した項目」の表示が邪魔。

・別のアルバムに同じ曲が収録されていて、それぞれのアルバムをダウンロードしようとした際、後からダウンロードしたアルバムのほうでその重複する曲が読み込まれない。

Apple Musicからダウンロードし、オフライン再生可能にしたはずの曲が、いつの間にか消えていることがある。 ※2015/8/3追記

Apple Musicで扱われていない曲がiPhoneに転送できない。※2015.8.18追記




困っていたこと(解決済)

iCloudミュージックライブラリをオンにしていると、iPhone上の曲のアーティスト写真が別のアーティストに置き換わってしまうことがある。(特に邦楽アーティストで頻発)

→iOS8.4.1とiTunes12.2.2というアップデートによって解決。アップデート後、アートワークがおかしかったアーティストの曲をいったんダウンロード削除し、再度ダウンロード(オフライン再生を可能にする)を選択したら直った。※2015.8.18追記


iTunesで作成したプレイリストをiPhoneに同期しても、すでにiPhone内にある曲しか表示されない。そのため一曲一曲Apple Musicから探してきてダウンロードしないといけない。

→「マイミュージック」内の「アーティスト v」(または「アルバム v」など)を押し、「オフライン再生可能な項目」をオフにすれば解決。未ダウンロードの曲も表示されるので、その状態でプレイリスト全体を「オフラインで再生可能にする」を押せばよい。


iCloudミュージックライブラリを使い始めた時の、iTunesのライブラリのアップロードに時間がかかりすぎて終わらない。

→解決というか、これはもう待つしかないし、実際アップロードが終われば、色々と起きていた問題も解決して快適になったので、待つことをおすすめする。
ちなみに自分はiTunesに7,600曲くらい入っていて、36時間くらいPCを放置したら終わってた。




ogata08.hateblo.jp
ogata08.hateblo.jp


ミニマリスト的音楽生活を実践する3ステップを考える

音楽 iPhone

Apple Musicの登場でまた人びとの音楽ライフに変化が起こる予感がしております。
僕としては定額で音楽聞き放題と言われると確かに便利だし安すぎるんだけど、なにかモヤモヤする。これまでお金かけて集めた音楽たちは一体なんだったのかと。

一曲一曲を大事に聴くという気持ちが一気に薄れて、音楽を聴き捨てる感じ。それにストリーミング再生は所有欲が満たされない…。これは価値観の問題か。
しばらく、Apple Musicとの付き合い方を模索することになりそうだなと思ってます。


ということで今日は「音楽生活における断捨離」というテーマ。

いま僕のiTunesには 7,600曲の音楽が入っていて、少し前までは64GBのiPhoneに入れられるだけ(5,000曲くらい)入れてました。
でも実際に普段から5,000曲の音楽を聴くことはあるはずもなく、シャッフルで聴いていると知らない曲が流れてくることも多かった。
それはそれで、隠れた名曲との遭遇があって楽しいんだけどなんか音楽を消費してる感じというか、もったいないなと思ったんですね。

そこで昨今の流行よろしく、断捨離を敢行してみた。


やったこと1:特に好きなアルバムだけをiPhoneに入れる

まず全ての曲を消し、本当に好きな(好きだと思ってる)アルバムだけ追加。目安は1,000曲以内にした。
※5,000曲スタートで消去法だとどうしても「また聴きたくなるかも…」と思ってたくさん残ってしまうので、0から増やしていくほうが結果的に良かった。

やったこと2:音楽を聴きながらレート付け

その1,000曲を聴きながら、5つ星のレートをつけていく。なんとなく好きだと思っていたアルバムも平均レートが★3つだったりすることに気づいたり、意外と捨て曲がなく高得点なアルバムが見つかったりして面白かった。

それで基本的に平均レートが★5つのアルバムだけをiPhoneに残して他はまた消していく。
(一部スルメ的なアルバムもあるので平均★4でも生き残らせたものはある)

同時に消したときは、代わりに別のアルバムを繰り上げてiPhone投入して再びそれをレーティングする。

これを繰り返して、現時点で残ったアルバムが約90枚、曲数で約1,500曲になった。

ただし、その時の気分によってレートは変動するし、定期的に入れ替え戦を行ってメンテナンスが必要だと思う。

やったこと3:アルバム全体の評価は低めだが、その中でも好きな曲を救済する。

人生のマイベスト100」というプレイリストを作る。

iTunesのライブラリ全体から、レートの高い順にソートして★5つの曲をぶち込む。そこから削って削ってベスト100を選定した。
これで何回でも繰り返し聴きたいプレイリストの完成。

この作業はなかなか楽しかった。
これも定期的に入れ替え戦を行ってメンテナンスが必要。

結果

残った音楽は何回でも聴きたい好きなアルバムと、ベスト100のプレイリストのみ。
これだけあれば気分によって十分聴く音楽を選べるし、音楽と更に密な関係になれた気がした。
もちろん人によっては更に追い込んで曲数を絞れると思う。

常にアルバム一枚しか入ってないというのも面白いかも知れない。


Apple Musicを使うと同期したいプレイリストが選べなくなる問題の直し方!

iPhone iTunes Apple Music

f:id:ogata08:20150707232536j:plain
2015年7月1日、日本でも定額制音楽配信サービス「Apple Music」の提供が開始されました!これにともなって、iOS 8.4iTunes 12.2にアップデートした方も多いかと思います。
とても便利なサービスである一方でUIや同期方法が大きく変わったことで混乱する点も非常に多い。一部ではかなり不評のようです。

その中で特に解せないのが「同期したいプレイリストをiTunes (Mac/PC) 側で自由に選択できなくなった」こと。
以下の画像のように表示が変わり、同期したい任意のプレイリストを選択する項目がなくなります。

アップデート前
f:id:ogata08:20150707105232p:plain

アップデート後(Apple Musicを使用中)
f:id:ogata08:20150707105240p:plain

これはiPhoneの「ミュージック」アプリ側から、iCloud ミュージックライブラリ経由で同期(ダウンロード)する仕様に変更されているためです。
iTunes Matchの時から同様の仕様だったようですが、私は使ってないので知りませんでした。

ちなみにApple Musicを使い始めるとそれまでに作ったプレイリストが消える?!という情報も飛び交ってますが、同期できてないだけで消えてません。


この同期方法について、これまでと同様に「同期したい任意のプレイリストを選択する」方式に戻す方法がありますので説明します。


直し方

iPhoneの設定変更

設定>ミュージック>「iCloud ミュージックライブラリ」をオフ

画像のように「iCloud ミュージックライブラリ」にします。

f:id:ogata08:20150707230937p:plain:w300


iTunesiPhoneを同期。

①の設定後に、一回iTunesiPhoneを同期します。

これで次からは従来どおり、同期したい任意のプレイリストを選択する項目が復活します。


ただしこの設定を適用すると、Apple Musicの音楽をオフラインで再生することができなくなります。

(ストリーミング再生であればApple Musicを使うことはできます)

個人的にはこちらの設定のほうが使いやすいですね。


ogata08.hateblo.jp
ogata08.hateblo.jp


TIME誌が選んだ100冊の最も優れた小説(1923-2005)まとめ

読書・レビュー

アメリカのTIME(タイム)誌が選出した"All-TIME 100 Novels"というものがあります。
雑誌が創刊した1923年から2005年までに発表された小説の中で、最も優れた100作品をピックアップしています。

ただ残念ながらそのリストの日本語版がなかったので、
今回はその中から10作品を選んで日本語版タイトルとともに紹介します。
(100作品の全リストを作ろうと思ったのですが、あまりに膨大だったため断念)


ちなみにこちらのブックリストは、『大いなる眠り』の文庫本の帯に
《タイム》誌「百冊の最も優れた小説(1923−2005)
ル・モンド》紙「20世紀の名著百冊」に選出
と書かれていて知りました。後者はWikipediaにまとめられているので、ぜひそちらもどうぞ。
ルモンド世紀の100冊 - Wikipedia


1. Animal Farm (George Orwell, 1946)

『動物牧場』ジョージ・オーウェル
ディストピア小説。ジョージ・オーウェルは2作品のランクイン。

動物農場 (角川文庫)

動物農場 (角川文庫)


2. The Big Sleep (Raymond Chandler, 1939)

『大いなる眠り』レイモンド・チャンドラー
ハードボイルド小説。探偵フィリップ・マーロウシリーズの第一作目。

大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)

大いなる眠り (ハヤカワ・ミステリ文庫)


3. The Catcher in the Rye (J. D. Salinger, 1951)

ライ麦畑につかまえて(キャッチャー・イン・ザ・ライ)』J.D.サリンジャー
アメリカ純文学作品の定番。多くの作家に影響を与えた(村上春樹もその一人)

キャッチャー・イン・ザ・ライ

キャッチャー・イン・ザ・ライ


4. A Clockwork Orange (Anthony Burgess, 1963)

時計じかけのオレンジアンソニー・バージェス
SF作品。スタンリー・キューブリックによって映画化されました。

時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)

時計じかけのオレンジ 完全版 (ハヤカワepi文庫 ハ 1-1)


5. The Great Gatsby (F. Scott Fitzgerald, 1925)

華麗なるギャツビーグレート・ギャツビー)』スコット・フィッツジェラルド
こちらもアメリカ純文学作品の定番。多くの作家に影響を与えた(村上春樹もその一人、2回目の登場)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)

グレート・ギャツビー (村上春樹翻訳ライブラリー)


6. Neuromancer (William Gibson, 1984)

ニューロマンサーウィリアム・ギブスン
SF作品。映画MATRIX(マトリックス)など、後世の多くのSF作品に影響を与えた。

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)


7. 1984 (George Orwell, 1948)

『一九八四年』ジョージ・オーウェル
ディストピア小説。ジョージ・オーウェルは2作品のランクイン。AppleがTVCMでパロった。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)


8. Slaughterhouse Five (Kurt Vonnegut Jr, 1969)

スローターハウス5カート・ヴォネガット・ジュニア
著者自身の戦争体験をまじえた半自伝的SF作品。文学的なSF作家として有名。


9. The Sun Also Rises (Ernest Hemingway, 1926)

日はまた昇るアーネスト・ヘミングウェイ
アメリカ純文学の巨匠。その他に『武器よさらば』『誰がために鐘は鳴る』『老人と海』等が有名。

日はまた昇る (岩波文庫 赤 326-1)

日はまた昇る (岩波文庫 赤 326-1)


10. Ubik (Philip K. Dick, 1969)

『ユービック』フィリップ・K・ディック
SF作品。SF界の巨匠で、多くの作品が映画化されている。(ブレード・ランナーマイノリティ・リポートトータル・リコール等)

ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314)

ユービック (ハヤカワ文庫 SF 314)



特に気になる10冊だけピックアップしましたが、
そのうち半分しかまだ読んだことありませんでした。

他の90冊はタイトルも知らないものがほとんどだったので、
TIME誌のオススメ作品は5%しか読んでないことに……


100作品の全リストはこちら。

  1. The Adventures of Augie March
  2. All the King’s Men
  3. American Pastoral
  4. An American Tragedy
  5. Animal Farm
  6. Appointment in Samarra
  7. Are You There God? It’s Me, Margaret
  8. The Assistant
  9. At Swim-Two-Birds
  10. Atonement
  11. Beloved
  12. The Berlin Stories
  13. The Big Sleep
  14. The Blind Assassin
  15. Blood Meridian
  16. Brideshead Revisited
  17. The Bridge of San Luis Rey
  18. Call It Sleep
  19. Catch-22
  20. The Catcher in the Rye
  21. A Clockwork Orange
  22. The Confessions of Nat Turner
  23. The Corrections
  24. The Crying of Lot 49
  25. A Dance to the Music of Time
  26. The Day of the Locust
  27. Death Comes for the Archbishop
  28. A Death in the Family
  29. The Death of the Heart
  30. Deliverance
  31. Dog Soldiers
  32. Falconer
  33. The French Lieutenant’s Woman
  34. The Golden Notebook
  35. Go Tell it on the Mountain
  36. Gone With the Wind
  37. The Grapes of Wrath
  38. Gravity’s Rainbow
  39. The Great Gatsby
  40. A Handful of Dust
  41. The Heart is A Lonely Hunter
  42. The Heart of the Matter
  43. Herzog
  44. Housekeeping
  45. A House for Mr. Biswas
  46. I, Claudius
  47. Infinite Jest
  48. Invisible Man
  49. Light in August
  50. The Lion, The Witch and the Wardrobe
  51. Lolita
  52. Lord of the Flies
  53. The Lord of the Rings
  54. Loving
  55. The Moviegoer
  56. Lucky Jim
  57. The Man Who Loved Children
  58. Midnight’s Children
  59. Money
  60. Mrs. Dalloway
  61. Naked Lunch
  62. Native Son
  63. Neuromancer
  64. Never Let Me Go
  65. 1984
  66. On the Road
  67. One Flew Over the Cuckoo’s Nest
  68. The Painted Bird
  69. Pale Fire
  70. A Passage to India
  71. Play It As It Lays
  72. Portnoy’s Complaint
  73. Possession
  74. The Power and the Glory
  75. The Prime of Miss Jean Brodie
  76. Rabbit, Run
  77. Ragtime
  78. The Recognitions
  79. Red Harvest
  80. Revolutionary Road
  81. The Sheltering Sky
  82. Slaughterhouse Five
  83. Snow Crash
  84. The Sot-Weed Factor
  85. The Sound and the Fury
  86. The Sportswriter
  87. The Spy Who Came in From the Cold
  88. The Sun Also Rises
  89. Their Eyes Were Watching God
  90. Things Fall Apart
  91. To Kill a Mockingbird
  92. To the Lighthouse
  93. Tropic of Cancer
  94. Ubik
  95. Under the Net
  96. Under the Volcano
  97. Watchmen
  98. White Noise
  99. White Teeth
  100. Wide Sargasso Sea

引用元:Full List | All-TIME 100 Novels | TIME.com

Chromecastフル活用!iPhoneで映画をレンタルしてテレビで見る方法

iPhone

iTunes経済圏にどっぷり浸かっている、
MaciPhoneiPadユーザーの皆様こんにちは。(こんにちは)

私もそんな人間の一人ですが、
なぜか去年の夏、話題になっていたChromecast(クロームキャスト)を使い道もないのに勢いで買ってしまいました。

そして買ってから8ヶ月、ほぼ使ってないという状態だったんですが、
これiPhoneユーザーでも映画をテレビで観るのに十分使えるということがわかりました!

Google Chromecast ( クロームキャスト )  Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング / HDMI / 802.11b/g/n / 1080p ) GA3A00035A16

iPhoneユーザーが
Chromecastを使って映画をテレビで観る方法

Google Playで観たい映画をレンタル(または購入)

iTunesは使わずにGoogle Playを使います。
まずはブラウザからGoogle Playにアクセス。
https://play.google.com/store/movies

これはPCからでもiPhoneからでも可能。
クレジットカードを登録して購入します。やり方は割愛。

レンタルが安くてオススメ。
購入するのはiTunes経済圏の住人としては抵抗がありますが、レンタルなら将来的なことは考えなくていいですし。


※ちなみにキャンペーンで安くなってる作品もあって良い感じ。例えば今だと、アカデミー賞過去作品が安いです。スコセッシ監督とディカプリオの黄金コンビ『ディパーテッド』も120円でレンタルできます!韓国映画インファナル・アフェア』のハリウッド版リメイクですが、とても面白いですよ。


②Chromecastで再生する

まずiPhone版「Google Playムービー&TV」をダウンロード。

Google Playムービー&TV

Google Playムービー&TV

  • Google, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

アプリを起動して、ログイン。

「購入した映画」から映画を選びます。

あとは右上のChromecastのロゴマークを押すだけ!
たったこれだけで見れます!!!

f:id:ogata08:20150301220113p:plain


※Chromecastのセットアップ方法は自分でググって下さい。
私よりよっぽど丁寧に説明してくれる人がたくさんいることでしょう。
Chromecast iPhone セットアップ - Google 検索


動作も割とサクサクで快適です。

iTunesユーザーとして一番正統な方法はApple TVを買うことなんですけど、
Chromecastと比べちゃうと高いしね。


ということで、個人的には「レンタル」専用で使おうと思います。

購入の場合、Blu-rayに比べて値段の割に画質も劣るので、買うなら私はBlu-rayで買います。

映画1本のレンタル価格は新作400円程度で
TSUTAYAで借りるのとそんなに値段は変わらないし、
iTunes StoreでもGoogle playでも同じ価格です。

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

純文学を理解したい人へ。村上春樹解説本。

読書・レビュー

内田樹の『もういちど村上春樹にご用心』を読みました。とても面白かったです。自分のような文学初心者からすると、この手の「解説本」はとても役に立ちます。簡単にレビューを。

もういちど村上春樹にご用心 (文春文庫)

「文学」を理解するということ

文学作品を読んだ時の素直な感想(よくわからない、退屈だというネガティブなものも含めて)はとても大事な感覚だと思います。
でも世界的に読まれている名作には、どこか良さがあるということは言うまでもない。理解できないとしても、それは自分に文学作品を解釈するだけの基礎力がないからで、このような本はそれを身に付けるための近道になると思っています。


村上春樹も世界的な文学作家に影響を受けています。
スコット・フィッツジェラルド華麗なるギャツビーなど)、
レイモンド・チャンドラーフィリップ・マーロウシリーズなど)、
フランツ・カフカ(変身など)、
ドストエフスキー罪と罰カラマーゾフの兄弟など)、
トルーマン・カポーティー(ティファニーで朝食をなど)、
J・D・サリンジャーライ麦畑でつかまえてなど) 等々

やはりそれは彼の作風にも現れているそうです。村上春樹の作品は古典文学を消化した上に成り立っているということです。

村上春樹の作品は)ほとんど古典的な「世界文学」の正系に位置づけられる

内田樹『もういちど村上春樹にご用心』p21

羊をめぐる冒険』は直接的にはレイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』の村上春樹的リメイクです。そしてその『ロング・グッドバイ』はスコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』をリメイクしている。

同 p24

つまり、村上春樹作品は読むことは、世界文学を理解することにも繋がってくるのです。
上に名前を挙げたような作家の作品に比べたら、村上春樹作品なんてかなりわかりやすく、とっつきやすいと思います。
(彼自身が影響を受けた作家の翻訳を多数出版しているというのもなんか良いですよね。リスペクトが現れているなと)


詳細すぎる描写の意味

村上春樹の特徴とも言えますが、彼の作品は本当に料理をするシーンが多いし、描写が細かい。(というか長い)
それはストーリー展開の上では別になくても良い描写です。

大衆文学と純文学の違い。それは登場人物の感情を「むなしい」と書くか、「パンは壁土のような味がした」と表現するかの違いだと思います。


大衆文学は娯楽、純文学は芸術。

エンターテイメントかアートか。


娯楽はわかりやすいほうがいいけど、芸術というのは皆まで言わない、それが粋。それを回りくどいとか言ってしまうのは野暮なんです。


この本を読んで、村上作品の中に度々登場する食事シーンやセックスシーンの詳細すぎる描写も、興味深く読めるようになりました。