読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無表情で書くブログ

意識低い系ブログ。

Chromecastフル活用!iPhoneで映画をレンタルしてテレビで見る方法

iTunes経済圏にどっぷり浸かっている、
MaciPhoneiPadユーザーの皆様こんにちは。(こんにちは)

私もそんな人間の一人ですが、
なぜか去年の夏、話題になっていたChromecast(クロームキャスト)を使い道もないのに勢いで買ってしまいました。

そして買ってから8ヶ月、ほぼ使ってないという状態だったんですが、
これiPhoneユーザーでも映画をテレビで観るのに十分使えるということがわかりました!

Google Chromecast ( クロームキャスト )  Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング / HDMI / 802.11b/g/n / 1080p ) GA3A00035A16

iPhoneユーザーが
Chromecastを使って映画をテレビで観る方法

Google Playで観たい映画をレンタル(または購入)

iTunesは使わずにGoogle Playを使います。
まずはブラウザからGoogle Playにアクセス。
https://play.google.com/store/movies

これはPCからでもiPhoneからでも可能。
クレジットカードを登録して購入します。やり方は割愛。

レンタルが安くてオススメ。
購入するのはiTunes経済圏の住人としては抵抗がありますが、レンタルなら将来的なことは考えなくていいですし。


※ちなみにキャンペーンで安くなってる作品もあって良い感じ。例えば今だと、アカデミー賞過去作品が安いです。スコセッシ監督とディカプリオの黄金コンビ『ディパーテッド』も120円でレンタルできます!韓国映画インファナル・アフェア』のハリウッド版リメイクですが、とても面白いですよ。


②Chromecastで再生する

まずiPhone版「Google Playムービー&TV」をダウンロード。

Google Playムービー&TV

Google Playムービー&TV

  • Google, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

アプリを起動して、ログイン。

「購入した映画」から映画を選びます。

あとは右上のChromecastのロゴマークを押すだけ!
たったこれだけで見れます!!!

f:id:ogata08:20150301220113p:plain


※Chromecastのセットアップ方法は自分でググって下さい。
私よりよっぽど丁寧に説明してくれる人がたくさんいることでしょう。
Chromecast iPhone セットアップ - Google 検索


動作も割とサクサクで快適です。

iTunesユーザーとして一番正統な方法はApple TVを買うことなんですけど、
Chromecastと比べちゃうと高いしね。


ということで、個人的には「レンタル」専用で使おうと思います。

購入の場合、Blu-rayに比べて値段の割に画質も劣るので、買うなら私はBlu-rayで買います。

映画1本のレンタル価格は新作400円程度で
TSUTAYAで借りるのとそんなに値段は変わらないし、
iTunes StoreでもGoogle playでも同じ価格です。

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

純文学を理解したい人へ。村上春樹解説本。

内田樹の『もういちど村上春樹にご用心』を読みました。とても面白かったです。自分のような文学初心者からすると、この手の「解説本」はとても役に立ちます。簡単にレビューを。

もういちど村上春樹にご用心 (文春文庫)

「文学」を理解するということ

文学作品を読んだ時の素直な感想(よくわからない、退屈だというネガティブなものも含めて)はとても大事な感覚だと思います。
でも世界的に読まれている名作には、どこか良さがあるということは言うまでもない。理解できないとしても、それは自分に文学作品を解釈するだけの基礎力がないからで、このような本はそれを身に付けるための近道になると思っています。


村上春樹も世界的な文学作家に影響を受けています。
スコット・フィッツジェラルド華麗なるギャツビーなど)、
レイモンド・チャンドラーフィリップ・マーロウシリーズなど)、
フランツ・カフカ(変身など)、
ドストエフスキー罪と罰カラマーゾフの兄弟など)、
トルーマン・カポーティー(ティファニーで朝食をなど)、
J・D・サリンジャーライ麦畑でつかまえてなど) 等々

やはりそれは彼の作風にも現れているそうです。村上春樹の作品は古典文学を消化した上に成り立っているということです。

村上春樹の作品は)ほとんど古典的な「世界文学」の正系に位置づけられる

内田樹『もういちど村上春樹にご用心』p21

羊をめぐる冒険』は直接的にはレイモンド・チャンドラーの『ロング・グッドバイ』の村上春樹的リメイクです。そしてその『ロング・グッドバイ』はスコット・フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』をリメイクしている。

同 p24

つまり、村上春樹作品は読むことは、世界文学を理解することにも繋がってくるのです。
上に名前を挙げたような作家の作品に比べたら、村上春樹作品なんてかなりわかりやすく、とっつきやすいと思います。
(彼自身が影響を受けた作家の翻訳を多数出版しているというのもなんか良いですよね。リスペクトが現れているなと)


詳細すぎる描写の意味

村上春樹の特徴とも言えますが、彼の作品は本当に料理をするシーンが多いし、描写が細かい。(というか長い)
それはストーリー展開の上では別になくても良い描写です。

大衆文学と純文学の違い。それは登場人物の感情を「むなしい」と書くか、「パンは壁土のような味がした」と表現するかの違いだと思います。


大衆文学は娯楽、純文学は芸術。

エンターテイメントかアートか。


娯楽はわかりやすいほうがいいけど、芸術というのは皆まで言わない、それが粋。それを回りくどいとか言ってしまうのは野暮なんです。


この本を読んで、村上作品の中に度々登場する食事シーンやセックスシーンの詳細すぎる描写も、興味深く読めるようになりました。


旅行が捗る!Google Mapsの「マイマップ」機能が便利すぎる!

f:id:ogata08:20150306230014j:plain
iPhoneでもAndroidでもお馴染みのGoogleマップですが、意外と使われていない「マイマップ」という機能があります。

自分の好みの場所にピンを立ててまとめることができる機能で、

  • 旅先で行く予定の場所をまとめたり
  • お気に入りのカフェマップを作ったり

色んな使い方ができる。

例えばこのようなの感じ。
以前、ハワイ旅行へ行った際に作ったものです。行きたいお店やスポットにピンを立てておけば、何が近くにあるかすぐわかりますし、行き忘れることもないです。旅行ハック。


使い方をご説明します。(説明するまでもないくらい簡単ですが)

マイマップの作り方

作成、編集はPCから。iPhoneで作る便利な方法あったら教えて下さい)

1. Googleマップを開きます。 https://www.google.co.jp/maps/


2. 検索ボックスをクリックすると、「マイマップ」が出てくるのでクリック。
f:id:ogata08:20150201091627p:plain


3. 「作成」をクリック。
f:id:ogata08:20150201092138p:plain


4. あとはお好みの場所を探してピン落としたり、検索したり、住所入力したりして、ピンの吹き出しの中にある「地図に追加」をクリック。
f:id:ogata08:20150201092850p:plain


これを繰り返せば自分オリジナルのマップができます。
地図のタイトルをクリックすると、タイトルの名前変更も可能です。
ひとつのマップ内に複数レイヤー作って、ピンを分類わけすることもできます。

iPhoneでマイマップを開く方法

上記の方法で作ったマップを持ち歩かなければ意味がないわけですが、残念ながらiPhoneの公式Googleマップアプリだとマイマップ機能は使えません。

しかしサードパーティのアプリ「new My Maps (MapsEngine)」が対応しているので、ぜひダウンロードを。(他にも対応してるアプリがあったら教えて欲しいです)

このアプリはオフライン対応で、指定したエリアのマップを事前にダウンロードしておくことができるので、海外や電波の届かないエリアでも使えます!
このオフラインモード、以前は公式Googleマップのアプリにも搭載されていましたが、2014年頃のアップデートでなくなってしまった機能です。

new My Maps ( MapsEngine )

new My Maps ( MapsEngine )

  • Nelson Kwan
  • ナビゲーション
  • ¥500



更に2014年の年末からGoogleドライブとも連携したので、過去に作ったマイマップをGoogleドライブで管理できるようになりました。なにが便利なのか今のところよくわかりませんけど。
Google、カスタム地図の「マイマップ」をGoogleドライブに統合 - TechCrunch



5分で読める!伊藤計劃×円城塔『屍者の帝国』のあらすじ(ネタバレ)

屍者の帝国

2012年に発表された伊藤計劃×円城塔屍者の帝国という名作。
執筆中に著者である伊藤計劃が亡くなったことで未発表だった作品を、円城塔が引き継いで完成させたということで大きな話題になりました。

内容も素晴らしいですが、かなり難解な設定のSF作品です。
下手すると途中から何がなんだかわからないまま終わってしまうところですが、二度目を読んでやっと理解できた気がするので、あらすじをまとめておきます。


余談ですが、伊藤計劃の『虐殺器官』『ハーモニー』含む、彼の長編小説3作品すべてがアニメ映画化も決定しています。2015年秋ロードショー予定。
公式サイト→ 「Project Itoh」

屍者の帝国』 あらすじ

注意:ネタバレ満載です!!先に作品を読んで下さい。
作品を読んでいる前提なので固有名詞の説明は省きます。

プロローグ

19世紀末、イギリス対ロシアが世界中で陣取り合戦を行うグレートゲームの最中、屍者復活技術が普及した世界が舞台。あらゆる労働力や兵力として屍者が使われていた。
医学生ジョン・ワトソン(主人公)は、ヴァン・ヘルシング教授に屍者技術者としての能力を見込まれ、大英帝国の諜報機関であるウォルシンガム機関にスパイとして採用される。

第一部

アフガニスタンに送り込まれたワトソン。「屍者の王国」を築いていると噂のアレクセイ・カラマーゾフバーナビー大尉と共に追う。道中でピンカートンのバトラー、ハダリーに出会う。(ピンカートンはPMC=プライベートミリタリーカンパニーのひとつ)
アレクセイ・カラマーゾフに会い、天才科学者ヴィクター・フランケンシュタインが生み出した最初の屍者、ザ・ワンの存在を聞く。直後、アレクセイは自身に死を書き込んで死亡。
屍者に関する秘密が書かれていると思われる「ヴィクターの手記」のコピーが日本にあると判明。

第二部

ワトソン、バーナビー大尉は日本へ渡る。
屍者研究をしている大里化学へ乗り込むと、屍者暴走の跡が。ザ・ワンは屍者を操ることができると思われるが方法は不明。そこでヴィクターの手記のコピーであるパンチカードを回収したが、暗号化されており、解読できず。

元米国大統領グラントと、ピンカートンのバトラーとハダリーに再会。グラントはザ・ワンをおびき寄せるため、囮作戦を決行するが失敗。ザ・ワンだけでなく、ハダリーも屍者を操る技術を持っていた。かつてザ・ワンは日本にいた時期があったことが判明。

第三部

ザ・ワンを追ってアメリカに渡ったワトソンたちは、解析機関の情報からザ・ワンがいるプロヴィデンスへ向かう。星の智慧派という結社の教会でザ・ワンを発見。ザ・ワンはチャールズ・ダーウィン呼ばれていた。ザ・ワンとワトソンたちはルナ協会に拘束され、潜水艦で大英帝国本国へ。

潜水艦内でザ・ワンは語り始める。
――屍者化は言葉によって起こす、そのため魂を持つ人間しか屍者化できない?否、ザ・ワンは魂は人間固有のものではなくあらゆる生物が持つものだと考える。一方でヘルシング教授は魂とは人間だけが進化の末に獲得したものだと主張。2人はどちらが正しいか賭けをした。
そしてザ・ワンの屍者研究の末、屍者化できるのは、人間ではなく、とある菌株(Xと呼ぶ)のみだと気づく。人間の脳内にあるその菌株を言葉によって活性化することで、意識を持っているように見えるだけだ。Xには屍者化を受け入れる拡大派と受け入れない保守派がある。屍者化したXは悪性の腫瘍のように生きた人間の中に広まりつつあり、将来的に人類を滅ぼす。

これを止めるためにザ・ワンはXとの直接対話を目論む。ザ・ワンとハダリーはXの言葉を使えるが片言のようなものであり、対話をするには解析機関が必要。
この作戦を遂行するため、ワトソンたちは乗っていた潜水艦をルナ協会から奪い、ザ・ワンを開放。

ロンドンに到着し、解析機関へと改装したロンドン塔へ突入。礼拝堂にあるオルガンを使い、ザ・ワンはXと対話を始めた。そこにヘルシング教授が現れる。ザ・ワンの本当の目的は死んだ花嫁の復活と、全ての死者復活だった。ワトソンとヘルシング教授たちはなんとか阻止したが、ザ・ワンと花嫁の姿は消えた。

ヘルシング教授はザ・ワンの菌株説は妄想だと一蹴。ヘルシング教授はXは言葉そのものだと言う。言葉は人の意思に影響力を持つ。しかし何が真実かワトソンにはわからないまま。

エピローグ

ハダリーはアイリーン・アドラーと名前を変えてワトソンの前に現れた。
ワトソンは自分の脳にXを上書きするようアドラーに依頼。真実を探るため自らの身をもって実験をする……

(完)

ちなみに主人公のジョン・ワトソンは名前の通り『シャーロック・ホームズ』シリーズに登場するホームズの相棒がモデル。アイリーン・アドラーも同シリーズに登場するキャラクターで、ホームズが唯一特別視する女性の名前。その2人が最後に会って終わる、というオシャレで憎い演出です。
その他の登場人物も他の作品のキャラクターや実在の人物をモデルにしているケースが多いのがこの作品の特徴ですね。


屍者の帝国

屍者の帝国

iPhotoとiMovieの元データの保存場所がわかりにくすぎるので調べた

現行バージョン*1iPhoto 9.5.1 と iMovie 10.0.5 ってどちらも取り込んだ画像や動画のデータの保存場所がめちゃめちゃわかりにくいですよね。
私も最近、血眼になってMac中を探してましたが、ググったらわかったのでメモしておきます。

なぜわかりにくいのかと言うと、その保存してある場所が通常のフォルダとして表示されてないんです。
こんなアイコンが「ピクチャ」フォルダと「ムービー」フォルダそれぞれに自動生成されてるはずです。

f:id:ogata08:20140928003528p:plain f:id:ogata08:20140928003532p:plain

拡張子は、
.photolibrary
.imovielibrary

ここに設定ともども保存されています。

このアイコンを右クリックすると以下のようなメニューが表示され、その中の「パッケージの内容を表示」をクリックすると中が見れます。
f:id:ogata08:20140928003905p:plain

iPhotoの場合、
この中にある「Masters」というフォルダの中に年、月、日という階層でフォルダが作成されていてその中に保存されています。

iMovieの場合、
この中にある「Original Media」というフォルダの中に保存されています。

※設定によってファイル名やフォルダ階層が違うかもです


ちなみにiPhotoiMovieもこの「.photolibrary」「.imovielibrary」のファイルを外付けHDDに移して使うこともできます。


先日こちらの記事にiTunesの元ファイルの保存場所について触れましたのであわせてどうぞ。

iTunesに取り込んだ音楽ファイルの保存場所とファイル名を自動で整理する方法 - 無表情で書くブログ




*1:本日2014/9/27時点における最新バージョン

iTunesに取り込んだ音楽ファイルの保存場所とファイル名を自動で整理する方法

私はiTunes上のアーティスト名や曲名、アルバム名、曲番号などなどはかなり丁寧に入力する派です。

ちなみにiTunes上で曲の上で右クリックをする"Finderで表示"を選択すると、その元ファイルの場所がFinderで表示されますが、私の場合、ここもキレイに整理されていないと気持ち悪い派です。

普段このフォルダ内を見ることはほとんどありませんが、たまにiTunes上でリンク切れの曲なんかが見つかると、元ファイルのありかの捜索活動をしますが、フォルダ内が整理されてないと絶望します。

そんなところで全てを一定のルールのもと、ファイル名、フォルダ名、フォルダ階層などを自動で整理してくれる機能がiTunesには標準であります。

"iTunes Media"フォルダの整理にチェックを入れる

以下の記載はすべて本日現在で最新バージョンであるiTunes 11.4の場合です。

f:id:ogata08:20140917215403p:plain

iTunesの環境設定(ちなみにショートカットキー:⌘,)の中の「詳細」タブの中に「"iTunes Media"フォルダの整理」という項目があります。

"iTunes Media"フォルダの整理
音楽ファイルをアルバムおよびアーティストフォルダに置き、ディスク番号、トラック番号、および曲のタイトルに基づいてファイルに名前を付けます。

こちらにチェックを入れると、iTunes上で曲の情報を編集した際に、それに合わせてファイル名やフォルダ名、フォルダ階層を自動で変更してくれます。


フォルダ階層とファイル名のルール

フォルダ名:iTunes Media
 フォルダ名:Music
  フォルダ名:アルバムのアーティスト名" ※不明の場合、"Unknown Artist"
   フォルダ名:"アルバム名" ※不明の場合、"Unknown Album"
    ファイル名: "01 曲名.mp3" ※数字はトラック番号


iTunes に自動的に追加」と組み合わせる

更に以前紹介しましたiTunes に自動的に追加」というフォルダと組み合わせて使えば更に快適になります。

ダウンロードした音源は全てこのフォルダに投げ込めば、自動的に上記のフォルダ階層に収まって、ファイル名を最適化されます。
アルバム名、曲名などを編集するのはすべてiTunes上でやるだけ。元のファイルのほうに気を遣う必要はなくなります!

あわせてどうぞ。




5分で読める!茂木健一郎の『脳と仮想』を超要約

初めて読んだのは3年以上前なんですが、未だに心に残る名著なので久々にブックレビュー、というか紹介。

難しいけど、衝撃的に面白いです。知的興奮本です。

簡単に要約、あらすじをまとめました。


「心脳問題」

死んだら魂はどうなるの?電気が消えるみたいにぱっと存在しなくなってしまうの?
小さい頃、不思議に思った記憶があります。(今も解決してないですが)

「物質である脳に、いかにして心が宿るのか。」という問い、これを「心脳問題」と呼ぶそうです。こんな子どもみたいな問いを科学者が全力で取り組んでるところがまた興奮を禁じ得ません。

なぜ、単なる物質を、いくら複雑とはいえ、脳というシステムにくみ上げると、そこに「魂」が生じてしまうのか、とんと見当がつかない。見当がつかないということは、きっと、近代科学のやり方に、どこか根本的な勘違いがあるということを意味するのだろう。(p231)

残念ながら、この本の中でもこの問いに対する答えは出ません。


しかし、そのヒントとなり得るであろうキーワードがクオリアです。

物質と意識は本来的に断絶していて、クオリアを感じ取っているにすぎないと著者は言います。クオリアってなんでございましょうか…

クオリア

近代科学というのは「計量できるもの」だけに対象を絞っている。にもかかわらず、それだけで世界の全てをカバーできると思っている。(と脳科学者は皮肉ってる?)
人間の経験のうち「計量できないもの」、クオリアと呼ばれるものもそのひとつです。

クオリア(感覚質)とは、意識のなかで立ち上がる、数量化できない微妙な質感のことだと説明されています。意味不明です。

つまり↓こういうことのようです。

私たちは、視覚、聴覚、味覚、嗅覚といった様々な感覚のモダリティ(心的態度)を通して、外界の様子や自らの身体の様子をつかみ取っている。(p101)

たとえば、目の前に水の入ったコップがあるとする。それを見ている時に私たちの心の中に感じられるのは、色、透明感、照り、輝き、といった様々な視覚のクオリアである。(中略)目の前のコップをつかむことで、視覚と触覚の情報が一致する。コップを唇にあてれば、ひんやりとした触感が生じることでさらにそこに現実のコップがあるという確信が強まる。(p103)


私たちは「もの自体」に到達することは不可能で、あくまで私たちが把握できるのは、その色や触覚や叩いた時の音といった「クオリア」だけなのです。

他者との断絶

そして、「自分」→「モノ」すら到達できないということは、他者となれば、「自分」→「モノ(他者のカラダ)」→「他者の心」という距離感なので、更に遠く、断絶しているということになります。

自分の感じている赤と、他人の感じている赤が、同じ赤なのかですらわからない。(p158)

私もこれについて大学生くらいの時にふと気づいて、発狂しそうになったことがありました。(大げさ)
もし他者には赤が緑に見えていたとしても、他者にとっては緑が赤なので、血の色は(緑に見えてるけど)赤だし、ポストの色も(緑に見えてるけど)赤。他者が何色を赤と呼んでいるのかはもはやわからない。

まとめ

茂木健一郎氏といえば、いかにも科学者っぽい見た目で、胡散臭くて、Twitterでは口が悪い、アハ体験でおなじみのおじさんタレントというイメージもありますが、とても立派な学者であったということを認識させられます。
ちなみにこの本も第4回小林秀雄賞を受賞していて、高く評価されています。

一読の価値ありですよ。

脳と仮想 (新潮文庫)

脳と仮想 (新潮文庫)