読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無表情で書くブログ

意識低い系ブログ。

Apple Musicを使うと同期したいプレイリストが選べなくなる問題の直し方!

f:id:ogata08:20150707232536j:plain
2015年7月1日、日本でも定額制音楽配信サービス「Apple Music」の提供が開始されました!これにともなって、iOS 8.4iTunes 12.2にアップデートした方も多いかと思います。
とても便利なサービスである一方でUIや同期方法が大きく変わったことで混乱する点も非常に多い。一部ではかなり不評のようです。

その中で特に解せないのが「同期したいプレイリストをiTunes (Mac/PC) 側で自由に選択できなくなった」こと。
以下の画像のように表示が変わり、同期したい任意のプレイリストを選択する項目がなくなります。

アップデート前
f:id:ogata08:20150707105232p:plain

アップデート後(Apple Musicを使用中)
f:id:ogata08:20150707105240p:plain

これはiPhoneの「ミュージック」アプリ側から、iCloud ミュージックライブラリ経由で同期(ダウンロード)する仕様に変更されているためです。
iTunes Matchの時から同様の仕様だったようですが、私は使ってないので知りませんでした。

ちなみにApple Musicを使い始めるとそれまでに作ったプレイリストが消える?!という情報も飛び交ってますが、同期できてないだけで消えてません。


この同期方法について、これまでと同様に「同期したい任意のプレイリストを選択する」方式に戻す方法がありますので説明します。


直し方

iPhoneの設定変更

設定>ミュージック>「iCloud ミュージックライブラリ」をオフ

画像のように「iCloud ミュージックライブラリ」にします。

f:id:ogata08:20150707230937p:plain:w300


iTunesiPhoneを同期。

①の設定後に、一回iTunesiPhoneを同期します。

これで次からは従来どおり、同期したい任意のプレイリストを選択する項目が復活します。


ただしこの設定を適用すると、Apple Musicの音楽をオフラインで再生することができなくなります。

(ストリーミング再生であればApple Musicを使うことはできます)

個人的にはこちらの設定のほうが使いやすいですね。


ogata08.hateblo.jp
ogata08.hateblo.jp