読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無表情で書くブログ

週末のみ更新する意識低い系ブログ。iPhoneとか読書とか音楽とか趣味の話を。

ミニマリスト的音楽生活を実践する3ステップを考える

音楽 iPhone

Apple Musicの登場でまた人びとの音楽ライフに変化が起こる予感がしております。
僕としては定額で音楽聞き放題と言われると確かに便利だし安すぎるんだけど、なにかモヤモヤする。これまでお金かけて集めた音楽たちは一体なんだったのかと。

一曲一曲を大事に聴くという気持ちが一気に薄れて、音楽を聴き捨てる感じ。それにストリーミング再生は所有欲が満たされない…。これは価値観の問題か。
しばらく、Apple Musicとの付き合い方を模索することになりそうだなと思ってます。


ということで今日は「音楽生活における断捨離」というテーマ。

いま僕のiTunesには 7,600曲の音楽が入っていて、少し前までは64GBのiPhoneに入れられるだけ(5,000曲くらい)入れてました。
でも実際に普段から5,000曲の音楽を聴くことはあるはずもなく、シャッフルで聴いていると知らない曲が流れてくることも多かった。
それはそれで、隠れた名曲との遭遇があって楽しいんだけどなんか音楽を消費してる感じというか、もったいないなと思ったんですね。

そこで昨今の流行よろしく、断捨離を敢行してみた。


やったこと1:特に好きなアルバムだけをiPhoneに入れる

まず全ての曲を消し、本当に好きな(好きだと思ってる)アルバムだけ追加。目安は1,000曲以内にした。
※5,000曲スタートで消去法だとどうしても「また聴きたくなるかも…」と思ってたくさん残ってしまうので、0から増やしていくほうが結果的に良かった。

やったこと2:音楽を聴きながらレート付け

その1,000曲を聴きながら、5つ星のレートをつけていく。なんとなく好きだと思っていたアルバムも平均レートが★3つだったりすることに気づいたり、意外と捨て曲がなく高得点なアルバムが見つかったりして面白かった。

それで基本的に平均レートが★5つのアルバムだけをiPhoneに残して他はまた消していく。
(一部スルメ的なアルバムもあるので平均★4でも生き残らせたものはある)

同時に消したときは、代わりに別のアルバムを繰り上げてiPhone投入して再びそれをレーティングする。

これを繰り返して、現時点で残ったアルバムが約90枚、曲数で約1,500曲になった。

ただし、その時の気分によってレートは変動するし、定期的に入れ替え戦を行ってメンテナンスが必要だと思う。

やったこと3:アルバム全体の評価は低めだが、その中でも好きな曲を救済する。

人生のマイベスト100」というプレイリストを作る。

iTunesのライブラリ全体から、レートの高い順にソートして★5つの曲をぶち込む。そこから削って削ってベスト100を選定した。
これで何回でも繰り返し聴きたいプレイリストの完成。

この作業はなかなか楽しかった。
これも定期的に入れ替え戦を行ってメンテナンスが必要。

結果

残った音楽は何回でも聴きたい好きなアルバムと、ベスト100のプレイリストのみ。
これだけあれば気分によって十分聴く音楽を選べるし、音楽と更に密な関係になれた気がした。
もちろん人によっては更に追い込んで曲数を絞れると思う。

常にアルバム一枚しか入ってないというのも面白いかも知れない。