ハンパな夢のひとカケラのブログ

デタラメな夢を好き勝手ばらまきます

ウィリアム・ギブスン『カウント・ゼロ』のあらすじを5分で読む

ウィリアム・ギブスン『カウント・ゼロ』読んだけど、意味わからなかった(けどやせ我慢して面白かったと言っている)皆様こんにちは。

そんな皆様に5分で読めるあらすじ(要約)を置いておきます。もちろんネタバレです。

この作品は3人の登場人物のストーリーラインが交互に行き来する章立てになっています。物語を理解するためには、各人物のストーリーを通して読んだほうがわかりやすいので、そのようにまとめています。

https://m.media-amazon.com/images/I/61DFj7E0kFL.jpg

 

目次

 

※各段落の数字は章番号です。

ターナー

  • 1: ターナーは企業に雇われる傭兵。企業から経営陣や研究者のトップを引き抜く専門家。ミッション中の爆発でバラバラになり、死にかけたが、最新技術で復活。"ホサカ"の忍者(暗殺者)のコンロイによって、ミッションへ連れて行かれる。ミッションは"マース生命工学"のトップ研究者であるクリストファ・ミッチェルをホサカに移籍させること。

  • 4: ヘリで沖合の石油掘削場へ連れて行かれ、ジェイリーン、ラミレスら、ミッションのチームメンバーに会う。

  • 7: アリゾナの現場(砂漠のモール跡地)に移動し、さらなるチームメンバーと医療班に合流する。

  • 14: 夜、ミッションの準備を進める。ジェット機が到着。何者かによって爆発が起こる中、ジェットから現れたのはミッチェルではなく少女だった。少女を飛行機に乗せて飛び立つ。その時、離陸した場所で大爆発が起こる(マースの仕業と思われる)。

  • 17: ボゴダへ飛ぶ予定を変更し、近くの"栗鼠の森"に着陸する。少女の正体はミッチェルの娘、アンジイだった。地元に住むターナーの兄ルーディと旧友サリイがいる家へ助けを求める。アンジイをスキャンすると、頭の中に何かが移植されていることが判明。

  • 21: マースの発表により、ミッチェルが死んだことを知る。ルーディからホーヴァ(乗り物)をもらい、アンジイとスプロールへ向かう。アンジイは頭の中にある何かによって夢を見させられると言う(寝言でフランス語のような混成語を話していた)。移動中、アンジイが変な歌を歌っているのを聞く。

  • 24: 雨宿りのため、脇道のガソリンスタンドに停まった瞬間に後をつけていたホサカのヘリコプターに襲撃される(乗っていたのは仲間だったはずのオウキイだった)。その場を離れている時、アンジイは気絶し、意識を乗っ取られたかのように男の声で「わしは道路の神(レグバ)」だと発する。

  • 27: スプロールの西側に入り、ホーヴァを停める。またアンジイは気を失い、また男の声で話し始め(今度はレグバではなく、サムディだと名乗る)、「地下鉄でニューヨークへ向かい、殺しをしろ」と指示を出してくる。 ミッチェルの身上調書を見ると、ミッチェルは当初業績を上げられなかったが、誰かの助けによって業績を上げ、トップ研究員となった(ミッチェルは裏取引をしていた)。駅到着後、例の「男の声」の指示でマディスンのハイパーマートへ行き、そこで「ジャマーの店」へ行くように指示される。

  • 30: コンロイから電話がかかってくる。コンロイはホサカだけでなく、ウィレクのためにも働いていた(ウィレクはミッチェルを買い取ろうとしていた)。ミッチェルは娘を脱出させたあと自殺していた。

  • 34: アンジイはボーヴォワールが"プロジェクツ"へ連れて行くと言い、ボビイも同行することに(アンジイが聖処女であることがわかる)。ボビイの母も生きていたことがわかる。

  • 36: 数年後、ターナーとサリイには7歳の息子がおり、二人は死んだルーディの話をしている。

 

マルリイ

  • 2: マルリイは元恋人のアランが企てたアート作品"コーネルの箱"の偽造スキャンダルに巻き込まれていた。この一件を機に富豪のアートコレクターであるウィレクはマルリイを雇い、ウィレクが持つコーネルの造り手を見つけるよう依頼。時間とお金は無制限に使えると伝えられる。

  • 5: ブリュッセルのホテルにチェックインすると、ウィレクから荷物が届く(コーネルの箱のホログラムを投影する機械だった)。

  • 8: パリの友人アンドレアのアパートを訪ねる。アンドレアのもとにアランから連絡があり、マルリイと話したいと言ってきたという。

  • 10: マルリイは元恋人アランとレストランで会う。アランはそのアーティストを見つけるためには自分の人脈が必要だと言い、大金を要求する。アランは武器を持っていて、欲しがるものは渡したほうがいいとウェイターに密かに助言される。

  • 12: カフェでウェイター(正体はウィレクのもとで働くパコ)と落ち合う。後日、パコからアランに金を渡すことにする。

  • 15: 翌日、パコにロバーツ画廊へ連れていかれる。支配人のピカールにコーネルの出所を聞く。ロバーツがスプロールで買い入れたらしいが、ロバーツは1年前に不慮の死を遂げており、それ以上の情報はなし。アランは電話で要求金額を伝えてきた。

  • 18: マルリイはパコの反対を押し切り、一人で大金をアランに渡しに行くと、アランは死んでいた。現場で番号を書き留めたたばこの箱を見つける(後に軌道座標だとわかる)。

  • 20: マルリイは旅行代理店に行き、箱に記された場所への旅行を手配する。

  • 23: ターミナルへ向かうシャトルの中で突如ウィレクの映像が現れ、アランを殺したのはマース生命工学だと伝える(アランはマースから提供された情報を売ろうとして殺された)。また、コーネルを造る者であればウィレクに自由を与えてくれると考えていると言う。ターミナルで見つけた宇宙船パイロットを雇い、アランのメモにあった軌道座標へ連れていきたいと伝える。

  • 26: 向かう先は昔のテスィエ=アシュプール中核の一部だという。行先と通信し、コーネルの箱を造った人をウィレクが探しており、危険が迫っていると伝えると迎え入れられた。その場所にはウィガン・ラドゲイトという老人とジョーンズという若者がいた。箱のアーティストのもとへ連れて行ってくれるという。

  • 29: ジョーンズが案内した先には様々な道具が繋がれた何十本もの人工操作手(箱作りの機械)があった。そこでウィレクから通信が現れ、契約を果たしたことが告げられる。その時、機械が動き始める。

  • 31: ジョーンズはウィグを探しにいく。マルリイは機械が箱を作るところを眺めている。マルリイは相手と対話をする。そこにパコが到達するが、ウィグとジョーンズは中に入れるのを拒否する。パコは1時間以内に開けなければ力づくで開けるという。

  • 33: ウィレクが死亡し、マルリイの雇用が解消されたことをパコから伝えられる。作られるのは箱だけではなく、時々ソフトウェア(生体ウェア)もあるらしい。

  • 35: 後日談。タレントのタリイ・アイシャムが、アンジイとボビイのことを噂している。

 

ボビイ

  • 3: ボビイはツー=ア=デイから預かったアイスブレーカを使っての初めてランでヘマをして死にかける。その時、何か巨大なものが電脳空間からこちらを捕えようとするのも感じて、さらに少女の声を聞いた。
  • 6: 気を失ったが、自宅で目を覚ました(何者かに助けられたらしい)。ボビイは事情を探るため、ツー=ア=デイを探す。
  • 9: 道中、ボビイはギャングに襲われ、ソフトウェアが入ったデッキごと盗まれる。その後、ツー=ア=デイに会いに行き、そこでボーヴォワール、ルーカスというフーンガン(魔術師)の男たちに会う。彼らは奇跡の聖処女ヴィエジ・ミラクについて知りたく、ボビイの助けが要るという(曰く、ボビイは道と経路の主・レグバに選ばれた者であるため、ミラクに会えたのだと)。
  • 13: ボーヴォワールたちはヴードゥーを信仰している。ボビイが盗まれたソフトウェアはある大物のもので、それを取り戻さないとツー=ア=デイはフーンガンたちに殺されるらしい。
  • 16: ボビイはルーカスに連れられ、リムジンでスプロールへ向かい、例のソフトウェアを売った大物フィンに会う。その日の朝、フィンは3人の殺し屋に襲われたという(殺し屋たちはすでに死んでいた。後にマースが送り込んでいたことがわかる)。フィンはそのソフトウェアはウィガン・ラドゲイトから手に入れたと言う。曰く、ウィグは信仰に目覚めて狂った元カウボーイで、所在不明だが、時々人を通じて色んなもの(箱やウェアなど)をフィンに売っていた。ボビイに渡ったソフトウェアもウィグのものだった。
  • 19: ボビイはルーカス、ジャッキイとともにニューヨークのデパート「ハイパーマート」へ。
  • 22: ジャマーの店(ナイトクラブ)へ行き、ウィグについて聞く。そこでオートマチック・ジャックのデッキを体験した時、レグバなどの神を見て、ジャッキイはルーカスが死んだと悟る。
  • 25: 店の外には、何者かの企みでギャング団が集まっている。ボーヴォワールが武器を持ってダクトから店に入る。ボーヴォワール曰く、アイスブレーカーを作ったのも、今企みを働いているのもマース生命工学かも知れないと。その後の作戦を立てるが、失敗する。
  • 28: ジャマーは貸しのあるヤクザを利用しようという。ボビイは電脳空間へ没入する。そこで電脳空間を監視していたジェイリーン・スライドに妨害される。ボビイの家にロケットを撃ち込んだのはマースだと聞かされる。ジャックアウトするとターナーとアンジイがいた。そこにコンロイからターナーに電話がかかってくる。
  • 32: ボビイが没入してる間、レグバがジャッキイを乗っ取り、「男と聖処女が上がってくる」と伝えてきた(つまりアンジイが聖処女だった)。ジェイリーンのデッキを目指して再びボビイとジャッキイが没入した瞬間、ウェレクが張っていた防衛線に引っかかり(アンジイの逃走を阻止するために張っていた)、ジャッキイは即死する。ボビイはなぜか通過し、ウィレクとパコに遭遇。その時、サムディがボビイに乗り移り、ウィレクとパコを殺す(サムディは自分の馬であるジャッキイを殺されたことへの報復らしい)。別のシーンで、スライドがコンロイを殺す(ラミレスを殺されたことへの報復)。

 

 

 

 

Windows 11の新機能を起動するショートカットキー4選

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft

 Windows Insider Programでいち早くWindows 11をお試しの皆様こんにちは。

様々な新機能が発表されていますが、これらの機能を起動するために便利なショートカットキー(ホットキー)が海外サイトで紹介されていたので、貼り付けておきます。

 

ウィジェットを起動:Windowsキー + W
ウィンドウのスナップのレイアウト選択: Windowsキー + Z
通知とカレンダーの起動:Windowsキー+ N
クイックアクションの起動:Windowsキー + A

 

個人的にはウィジェットが惜しい感じなので、もうひとアップデート期待したいところです。 

 

参照:How to use The new Keyboard Shortcuts in Windows 11

 

Everything起動時「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」の表示を止める方法

f:id:ogata08:20210625233339p:plain

WindowsのAlfredとも呼ばれる神ランチャーアプリWoxと一緒にEverythingをインストールした方も多いのではと思いますが、

なぜかEverythingを起動するたびにユーザーアカウント制御(UAC)の「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というウザい表示がでてきます。これを消す方法を紹介します。

 

目次

  

試すこと1: Everythingの設定変更

下記の公式サイトに記載されている手順を進めます。

  1. Everythingを起動→「ツール」→「オプション」→「全般」を開く
  2. 「管理者として実行」からチェックを外す
  3. 「Everythingをサービスに登録」にチェックを入れる
  4. 「適用」→「OK」
  5. システムトレイアイコンから右クリックで「終了」をクリックし、Everythingを閉じる
  6. Everythingをもう一度起動

FAQ - voidtools

 

これで直ればOKです。直らなければ2つ目を試してみてください。

 

試すこと2: exeファイルのプロパティから設定変更

  1. Cドライブ→Program Fileとかにあると思われるEverything.exe を右クリック
  2. 「プロパティ」→「互換性」を開く
  3. 「管理者としてこのプログラムを実行する」からチェックを外す
  4. 「適用」→「OK」

  

これで直らなければ万事休すです。

 

 

酉島伝法「お務め」ネタバレ考察(NOVA 2021年夏号 収録)

NOVA 2021年夏号 (河出文庫)

NOVA 2021年夏号 (河出文庫)

  • 発売日: 2021/04/03
  • メディア: 文庫
 

奇才、酉島伝法の短篇「お務め」の謎解きのための、ネタバレ考察です。

え、こういう話だったって理解で合ってる??っていう確認がしたいのだけど、検索してもこの作品のレビューや考察が見当たらなかったので。まず私の理解を書いて、それに対して色々ご指摘やコメントをもらえるといいなと思ってます。

 

目次

 

あらすじ(扉より抜粋)

どこともしれない場所で、居室と食堂を往復しては、次々にテーブルに並べられる豪華な料理を食べつづける男。彼はいったいなんのために、なにをしているのか?

 

キーとなる登場人物

  • :主人公だが作中では"彼"と呼ばれる。豪勢な食事を振舞われ、使用人に体まで洗ってもらうような待遇だが自分が何者なのか、そこがどこなのか、何も理解していない。一度おだいり様と呼ばれたことがあったが、本人はそれが自分だという自覚はなかった。恰幅が良い。
  • 隣の男:質素な食事。痩せている。顔は非常に彼と似ているが体型は違う。
  • 白い服の男:数千日前に彼が目撃した人物。恰幅が良く、顔は彼にも隣の男にも似ていた。本来出会ってはいけなかった様子。
  • フス:彼に仕える者。

 

ポイントまとめ

  • P375 - フスのランタンの光は、560年前から続いている。
  • P379 - 「坂とは本に出てきた言葉で~」と書いてあり、彼は外に出たことがないことがわかる。
  • P386 - 訊ね人が現れる。
  • P389 - 隣の男が現れる。以前見た白い服を着た男に似ていると思いだした。
  • P390 - 白い服の男が彼を見て「この者がそうなのか?」と聞き、不快感を示した。白い男は写真も映像も鏡も嫌いらしい。
  • P399 - 給仕長が何かを電話で報告を受ける。その後、彼は「こんなのもう、嫌です…もうこれ以上、向こうの役者たち…ひどい目に遭わせるのは…」という声を聞く。
  • P400 - 「わしらが表に立てばどうなる。その後を誰かが引き継ぐ。じきに引継ぎの連鎖が始まるだろう。いまかろうじて水準に達する料理をお作りできるのは、我々くらいなのだ」と料理長が言った。
  • P401 - 彼が隣の男に以前会ったことを話したが、隣の男は記憶にないと言った。
  • P404 - 彼は初めて多くの人の前に出され、人々から歓声を浴びた。
  • P407 - 食事中に突然彼が倒れた。その際、おだいり様と呼ばれた。
  • P408 - 彼が毒見をする役割であるかのような会話がなされていた「あのまま料理が運ばれていたと思うと…術後で衰弱しておられるのに…」と彼が毒見をする役割であるかのような会話がなされていた。
  • P410 - 彼が隣の男に血を分けてくれたのかと聞いたところ「まあそんなところです」と男は答えた。
  • P411 - 彼が後鼻鏡の小さな鏡で自分の顔のパーツを見る。隣の男と似ていることに気づく。
  • P412 - 彼が男に顔が似ていることを耳打ちした。その後、男は入れ替わることを提案した。しかし入れ替わりはすぐに見破られた。
  • P415 - 彼の食事が質素なものに変わっていった。彼の部屋を訪れたところ、男は衰弱していた。彼は男が手に握っていた何かを受け取った。
  • P417 - 彼は何度も採血を受けた。隣の男のためかと聞いたところ、先生は「そう言えなくもない」と答えた。
  • P418 - 給仕長が崩御の知らせを受けた。大きな音がして攻撃が始まったと思われる。
  • P419 - 「連中が探しているのはこのお方(彼)だ」「おだいり様一人を費やしたのに…あと半年は延命できる言ったではないか」「これまでにも微量の摂取が続けられていて発現した可能性が」「連中が乗り込んでくる前に再冠しないと」などの会話。
  • P420 - 彼のまどろみは解けていて、再冠の間に入ることをこばんだ。先生が1ヶ月前からまどろみの薬液の注入を行わず、虚偽の報告をしていた。我々(誰?)は、彼を暗殺しようとしたわけではなく、まどろみを部分的に解こうとしただけ。だが、再冠を待って国父として祀り、新たな体制の裁可を戴くという悲願は達成されなかった。
  • P421 - 彼は国父の御維体がある再冠の間を離れた。建国の光に包まれた皆が追う。後に別の派閥に導かれたといも言われた。「いまでは、もう貴方様だけなのです」と彼は言われた。
  • P423 - 「我々の始祖であり、すべての時に遍在する国父様」と老婆は彼に伝えた。老婆の祖父も彼に謁見したことがあるらしい。他の市民もみな、彼に対して強い畏敬の念を持っていた。

 

考察

  • この国では始祖である国父をクローン化し、何世代にも渡ってコピーし、国を治め続けているのではないか。彼も、隣の男も、白い服の男も国父であり、優遇されている。ただし、その中でも実際に国父として行政を行っている者がいる。(白い服の男がその時の国父だった?)
  • またはクローン技術ではなく、もともと親子兄弟が皆同じ顔をしている特殊な種族とも考えられるが、まあSFなのでそこはなんとでも説明できてしまうか。
  • 食事をコントロールされていて吐くほど食べさせられたり、急に質素な食事になったりするのは国父と体型を似せておくため。国父が入れ替わる時も連続性を持たせるため(また実際にはやせ細った国父を元気であると偽るため、彼を太らせ、人前を歩かせた?)
  • 彼が倒れた際、隣の男から輸血をされたのは、クローン化された本人であるから(国父と単に顔が似た影武者の関係性ではないことの裏付け)

 

最後に(残る疑問)

  • 彼はなぜ自分の立場を知らされていない?そして、なぜ最後先生は抑識措置(まどろみ)を解いた?
  • 訊ね人が登場した理由はなんだ?なぜ彼に意見を求める?
  • 「別の派閥」ってなに?誰がクーデターを起こした? 
  • 彼が、死に際の隣の男から受け取ったものは何?
  • この文章はいつ誰が書いた?(「我々」や「後にわかったことだが」などの表現がある。

 自分でもすべての辻褄が合っているとは思えないので、こちら読了された方、ぜひご意見を聞かせて頂きたいです。 

 

オマケとして、『NOVA 2021年夏号』に収録されている短篇リストと、個人的な評価を記載しておきます。

  • 高山羽根子「五輪丼」★★☆☆☆
  • 池澤春菜「オービタル・クリスマス」★★★☆☆
  • 柞刈湯葉「ルナティック・オン・ザ・ヒル」★★★★☆
  • 新井素子「その神様は大腿骨を折ります」★☆☆☆☆
  • 乾緑郎「勿忘草 機巧のイヴ 番外篇」★★☆☆☆
  • 高丘哲次「自由と気儘」★★★☆☆
  • 坂永雄一「無脊椎動物の想像力と創造性について」★☆☆☆☆
  • 野崎まど「欺瞞」★★★☆☆
  • 斧田小夜「おまえの知らなかった頃」★★★★★
  • 酉島伝法「お務め」★★★★★

 

NOVA 2021年夏号 (河出文庫)

NOVA 2021年夏号 (河出文庫)

  • 発売日: 2021/04/03
  • メディア: 文庫
 

 

ブクログからNotionへデータ移行する方法。全データ完全移行可能!

f:id:ogata08:20210404152402p:plain

※諸事情により、再掲です。

最近、Notionを本格的に使い始めて、色々なデータをNotionに集約中の私です。現在、読書中のメモはNotionを使ってますが、これまでブクログにもかなりブックレビューを書いてきてたので、今回頑張って移行しました。

恐らく完全な移行ができたと思うので、手順をまとめます。

 

手順は以下の通り。
ちなみに私はWindowsユーザーですが、Macも大体同じ手順でできるんじゃないですかね。

 

ブクログからデータをエクスポート

こちら (https://booklog.jp/export)へアクセス。

 ログインし、「エクスポートする」からデータをダウンロードします。※ちなみに、このCSVファイルの文字コードANSIです。

f:id:ogata08:20210404142210p:plain

赤枠で囲っている情報は次の作業で使うので、コピーしておいてください。

 

メモ帳で、CSVデータにタイトル行を追加

CSV形式でデータを取得できますので、メモ帳で開きます。
ダブルクリックするとExcelが開いちゃうんだけど??って人は、ファイルを右クリックして「編集」を選んで下さい。それでもダメだったら、右クリックして「プログラムから開く」→「メモ帳」を選んでください。

 

Notionは1行目をタイトルとして自動認識するため、一行目に下記の文字列をコピペします。さっきコピーしたやつです。

サービスID, アイテムID, 13桁ISBN, カテゴリ, 評価, 読書状況, レビュー, タグ, 読書メモ(非公開), 登録日時, 読了日, タイトル, 作者名, 出版社名, 発行年, ジャンル, ページ数

これがNotion内で各プロパティの名前になります。

この後の作業はメモ帳だとやりにくいので、一旦保存し、Excelを使います。

 

Excelで、カラムの並び替え・編集

先ほどのCSVファイルをExcelで開きます。大抵、ファイルをダブルクリックすればExcelで開くと思います。

ダブルクリックするとメモ帳が開いちゃうんだけど??って人は、ファイルを右クリックして「プログラムから開く」→「Excel」を選んでください。さっきも言っただろ。

 

Notionは一番左のカラム(列)の情報を、Notion内のデータのタイトルに使う仕様になっています。これがページのタイトルになって、他の情報はプロパティ情報扱いになる感じです。そのため、一番初めに来る列が何なのかはとても重要です。

これはNotionにインポートした後に修正するのはかなり面倒なので、ここで直さないとダメです。

 

まあ、ほとんどの人にとって「本のタイトル」がNotion内でのデータのタイトルになるのが、一番使い勝手がよいと思いますので、「タイトル」列を一番左にカット&ペーストしましょう。

ついでにこの時、お好みのカラムの並び順に変えたり、要らない情報を消したりしてもよいと思います。

 

CSV UTF-8 形式で保存

編集が終わったら保存をする際、CSV文字コードANSIからUTF-8に変える必要があります。

名前をつけて保存」→「CSV UTF-8 (コンマ区切り) (*.csv)」を選択して、保存。

f:id:ogata08:20210404145903p:plain

 

Notionへデータインポート

Notionを開いて、新規ページ作成。右上の「…」メニューから、「Import」を選択

f:id:ogata08:20210404150038p:plain

 

CSV」→先ほど編集したCSVファイルを選択します。

f:id:ogata08:20210404150200p:plain

 

これで移行作業完了です500冊以上のデータだと数十秒かかりました。

f:id:ogata08:20210404150644p:plain

 

まとめ

見てみると、各データを自動で認識して「自由記述テキスト」だったり、選択式だったり、「日付形式」などProperty Typeが自動設定されていることがわかります。(イメージと違えば変更可能)Notion賢いですね。

お好みで登録日、読了日の日付の表示を日本式に直したりもできます。

 

レビューもPropertyのひとつとして扱われる部分にはやや違和感ありますが。ただ、レビューを各データ(サブページ)内に記載してしまうと、再びNotionからエクスポートすることになった際、扱いが大変になってしまうので、とりあえず、私はこのままにしておくつもりです。

 

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)

 

 

レビュー(ネタバレなし) 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

f:id:ogata08:20210324215103p:plain

ネタばれなしの感想文です。

※この手の作品は、熱狂的なファンと一般的な観客で受け取り方がまったく違うものになると思うので、先に言っておくと、私はいわゆる熱狂的なエヴァファンではないが、TVアニメシリーズから一通り見てるくらいには好き、というレベル。

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズの良いところも悪いところも、ギュッと詰まった2時間35分だった。つまり『破』のような大興奮も、『Q』のような意味不明さもたっぷり味わえる。

そして、今回好きか嫌いかはさておき、凄まじい作品であった。「今どこでなにやってんの??」と言いたくなる奇抜な発想や設定も凄まじいし、よくわからないなりに大迫力の戦闘シーンの映像はとにかく凄まじい。さらにアニメの常識を覆すような怒涛の演出もまた凄まじい。SF史においても、未だかつて描かれたことがない世界観だと思う。繰り返すが、好きか嫌いかはさておき、観る価値はある。まだ観てない人にもオススメできる。

『Q』を見た時に強く思ったこととして、『破』が完璧なまでに面白かったために、『Q』は奇をてらいすぎていて、またもや「観ている人を置いてけぼり」にしてしまっていた(エヴァシリーズでは度々起こることだけど)。
正直、『シン』に関しても、何度も心の中で「奇をてらいたくて仕方がないんだなぁ~、中二だな~」とつぶやきながら見ていたし、物語は引き続き難解で謎が多い。とは言え『Q』ほどチンプンカンプンではなく、なんとなく話の筋は見失わない程度に理解はできるし、なんと言っても映像の迫力や怒涛の展開もあり、最後まで飽きずに観れた。その点、『Q』よりはかなりバランスがマシになってたと思う(面白いと意味不明のバランス)。

第一印象としてのスコアは自分の中で高くはないが、もう一度見たいと思えるし(Qは思えなかった)、理解が深まっていけば、スコアも上がっていくかなと思う。

 

余談だけど、キャラクター全員がやたらと説明的なセリフを次々と繰り出すので(非エヴァオタの私からすると失笑ものだが)、熱狂的なエヴァオタ達はきっとこれらのセリフ一つ一つを喜んで考察し、膨大な時間を浪費するのだろう。
ファンサービスみたいな演出も盛りだくさんだったし、「庵野さん、ありがとう~」なんて言いながら。

 

 ところで過去作品はAmazon Prime Videoで観れるのは大変ありがたい。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

  • 発売日: 2007/09/01
  • メディア: Prime Video
 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

  • 発売日: 2009/06/27
  • メディア: Prime Video
 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

  • 発売日: 2012/11/17
  • メディア: Prime Video
 

Jabraイヤホン 通話中にマイクの音が小さくなる現象の解決方法

自由に調整可能な ANC を搭載した完全ワイヤレスイヤホン | Jabra Elite 85t

こんにちは、めっきり在宅勤務の日々が続く私です。先日からJabra Elite 85t (ジャブラ エリート 85t) という完全ワイヤレス型 ノイズキャンセリング機能付き 上流エリート専用イヤホンを購入し、使い始めました。

 

カナル型のイヤホンは耳栓状態になって、自分の声が響いて会話しにくいイメージがあったのですが、使ってみたところ、電話会議中に自分の声の聞こえ具合を調整する機能(側音の調整)なんかもあって予想以上にかなり快適です。

 

とは言え、PCに繋げて使っていると、いくつか動作が不安定に感じる部分があるのと、自分流のベストセッティングに落ち着くまでは不便なところもいくつかありました。

特に一番困ったのが、オンライン会議中に急に自分の声が相手に聞こえにくくなる(声が小さくなる)と言われることが立て続けに起こったこと。これに関して、色々設定を試した結果、どうやら以下が原因のようでしたので、共有します。
(ちなみにMicrosoft Teamsで利用中。Zoomは動作確認できてないです)

 

目次

 

 

原因

複数のデバイスがイヤホンに接続されていたために、他のデバイスの接続が優先されてしまった。(下記の設定変更によって解決できたことから推測した結果)

 

解決策(通話に利用するBluetoothバイスを優先)

Jabraのスマートフォンアプリ「Jabra Sound+」で設定を変更しましょう。  

「Jabra Sound+」をApp Storeで (apple.com) 

Jabra Sound+ - Google Play のアプリ

  

  1. 設定アイコンを選択
    f:id:ogata08:20210324144023p:plain

  2. ヘッドセットの設定を選択

    f:id:ogata08:20210324144113p:plain

  3. 「通話に利用するBluetoothバイスを優先」にチェックを入れる

    f:id:ogata08:20210324144155p:plain


この設定をしてから、声が小さくて聞こえない、と言われることはなくなりました。

 

解決策2(側音オン/オフ 切り替えを無効化)
※追記:2021/4/9

上記の設定変更でしばらく快適だったのですが、なぜか再び現象が発生するようになってしまいました。そして、以下の設定変更により、収まったので追記します。

ちなみに、デフォルト設定であれば問題ないはずです。

 

  1. 設定アイコン→「ヘッドセットのパーソナライズ」→「MyControls」→「発信のMyControls」を開きます。
    ※若干日本語訳が変ですが、これが通話中の操作をカスタマイズする画面です。
  2. ここで、私は「側音オン/オフ」を割り当てていたのですが、この操作をすると異常が発生していることに気づいたので、この割り当てを解除しました。

    f:id:ogata08:20210409112939p:plain

 

 

ということで、色々と模索が続いたものの、設定さえ落ち着けばかなり快適に使えるイヤホンですので、おすすめですよ。