ハンパな夢のひとカケラのブログ

デタラメな夢を好き勝手ばらまきます

GABAオンラインとDMM英会話を徹底比較してみた

f:id:ogata08:20210212210636p:plain

誰もが気になっている、マンツーマン英会話とオンライン英会話の比較記事です!

 

かれこれ2年以上GABAで英会話をやってますが、コロナの影響もあり、最近はオンラインのレッスンも始まりまして、私も感染対策&移動効率を考えて主にオンラインで受けています。

(よくよく考えると、私が英語を使うのは仕事での電話会議がほとんどなので、オンラインのほうが実践的と言えなくもないなと、思ったり)

ということで「どうせオンラインでやるなら、もっと安いオンライン英会話でよいのでは」という疑問が必然的に生まれてきまして、DMM英会話と併用して比較してみました。

 

ちなみに私の英会話レッスン遍歴はこんな感じ。

 2016/8~2017/1:DMM英会話(スタンダードプラン)
    ↓
 2017/5~2018/3:会社の英会話プログラム
    ↓
 2018/7~現在:GABAマンツーマン英会話
    ↓
 2020/11~現在:DMM英会話(プラスネイティブプラン)

ということで、現在はGABAとDMM英会話(値段が高いほうのプラン)を併用中。

 

講師の質

講師の質はやっぱりGABAです。DMM英会話は所詮「英語がしゃべれるだけで教師としては素人」の人が多い印象があります。笑顔もなくて話すのが苦痛な相手も時々いるレベル。

質や相性にばらつきがあるのはGABAも同じですが、それでもやっぱりGABAは平均してレベル高いし、ほぼ例外なくフレンドリーで話しやすい。単なる話し相手ではなく、ちゃんと教えてくれます。文法の間違いを指摘したり、より自然な言い回しを教えてくれたり。

ただ、DMM英会話はとにかく講師の人数が多くて中には英語の教師経験者もいたりします。講師のレビューが5点満点中4.9点以上を予約できればほとんどハズレないです。(当然人気が高いので、レッスンが終わったらすぐ次の予約を取るべし)

ちなみにDMM英会話の「プラスネイティブプラン」の講師はもちろんネイティブなので発音はきれいだし表現は豊かですが、まだ英会話初心者であれば、むしろ易しい表現を使う講師が良いので「スタンダードプラン」で十分です。

 

ネットワーク品質・音質 ※これ重要

GABAの圧勝です。オンラインレッスンにおいて、これはバカにできない項目で、意外にも一番気になったポイント。

GABAはオンラインレッスンであっても講師はスクールから参加するので、99%問題はない(遅延はほぼ気にならない)

一方で、DMM英会話はそれぞれ自宅からでヘッドセットもそれぞれ。音声が途切れたり、よく聞こえないことが結構多くて英会話どころじゃないことが頻発します。講師の質に加えて、講師の自宅のインターネット環境も含めて、お気に入りを複数見つけるのは結構大変です。

1ヶ月で11人の講師のレッスンを受けて、教師としての質・ネットワーク品質両方に満足できて、もう一度受けたいと思った講師は4人のみでした。

 

(余談)どちらもブラウザでビデオ通話を行いますが、DMM英会話のほうが断然UIが洗練されてます。GABAのUIはひどい(別にいいんだけどね)

 

テキストの質

これはそれぞれの学習ステージ、強化したいポイントによって大きく違うと思いますが、個人的にはGABAを評価します。
私はとにかくたくさん喋りたいので、GABAではDISCUSSIONテキストを使っていて、これは優秀。以前使っていた様々な表現を教えてくれるタイプのテキスト (Business) もなかなか良かった。

さらに、GABAは前回のレッスンでどこまでやったかの情報がしっかり引き継がれているし、次のレッスンんが別の講師でもテキストの内容を把握してるので、ちゃんと続きができる。(DMM英会話はそういう引継ぎ機能はないと思われる)

あと、DMM英会話は時間が短い割に、どのテキストも読む部分が多すぎて会話の練習をする時間が削られてしまいます。なので結果的にフリートークをすることで落ち着きました。

 

コスト

言うまでもなく、DMM英会話のほうが圧倒的に安いです。プラスネイティブプランにしたところで、GABAと比べたら屁でもないです。DMM英会話唯一にして非常に大きなアドバンテージは言うまでもなく価格。

ただしDMM英会話は1レッスンの時間が短くて、上記の通りテキストを進めるには時間が足りないことは要注意。※GABA: 40分、DMM英会話25分

 

また、DMM英会話は毎日1レッスン受けられますが、結構な根性とスケジュール的な余裕がないと、実際に毎日レッスンは難しい。私自身も英会話は長く続けているし、やる気もあるほうですが、それでも週3が限界。無理しすぎても継続できないので、自分の中で週3回は受ける、とか決めるのがよいと思います。そして、毎日受けられない前提でコスパを考えるべしです。

(余談ですが)「GABAは高いからこそ辞められずに継続できる!」という発想の人もいると思いますが、確かにDMM英会話はサボりたいという誘惑に負けて何度も当日キャンセルしましたが、GABAは1レッスン数千円なので一度もサボってません。かつGABAは月払いではなく、数か月分をまとめて払うことになるので、途中でやめることもできない。

 

レッスン予約とキャンセルのしやすさ

一長一短ですが、総合的にはDMM英会話が上。
GABAは毎月10日になると翌月分の予約が開始され、同時に複数の予約ができますが、DMM英会話の場合、一度に1つしか予約できません。毎日受ける方は、レッスンが終わる度に翌日の予約を取ることになりますので、お気に入りの先生を毎日予約しておくことはできません。

一方で、直前に予約できたり、キャンセルできるという点でDMM英会話は便利です。予約は15分前まで、キャンセルは30分前まで可能。(キャンセルできるからこそサボってしまうことがあるのも上記の通り)
GABAは前日の18時までにキャンセルしないと料金が発生してしまいます。平日昼に受けることが多いので、急な仕事の予定に対応できるDMM英会話はありがたい。

 

カウンセリング

GABAはプロのスタッフによるカウンセリングを受けられる、というのが売り文句の一つですが、特に役に立ったことはないです。DMM英会話にカウンセリングはないですが、全く困りません。自分に合った英語学習法は自分で見つけるしかないです。

 

総合評価(結局どっちがいいの)

やる気とお金があるなら間違いなくGABAです。「やらなければいけない理由」や具体的な上達目標がない方は間違いなく挫折するのが英会話なので、やる気は必須だし、やる気なら大金をはたくべき。(やめられなくなるという効果もあるし)
ただし、英会話をこれから始めてみたいという方はDMM英会話から始めることをお勧めします。まず話すことに慣れたいレベルであれば十分です。すでに書いた通り、プラスネイティブじゃなくスタンダードプランでOK。
そして、なんとなく英会話始めてみようかな?という方も、いつでもやめられるDMM英会話が良いです。(多分やめることになるけどね)


ゼロから英会話を始める方へのおすすめは瞬間英作文です。これをやったらDMM英会話へ進めましょう。